女性のための育毛方法.com

女性のための育毛方法とは

加齢とともに薄毛に悩む女性が増えていますが、ホルモンバランスの乱れが原因であることが多く、男性の薄毛よりも比較的簡単に改善することができます。まずカラーリングやパーマを止めることです。女性のおしゃれとしてカラーリングや白髪染め、パーマが挙げられますが、使用する溶剤の刺激によって髪の毛や頭皮にダメージを与えている可能性があります。育毛対策としては何もしないのが一番ですが、白髪染めなどどうしても費用である場合は、頭皮に負担の少ない溶剤を使います。次に生活習慣を見直すことです。食生活は育毛に深く関わっています。ダイエットで栄養不足になると、髪の毛の栄養も失われるので、日頃からバランスの取れた食事をとります。皮脂の過剰分泌を促す脂っこい食べ物は避けます。大豆製品には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれているので、積極的に食べると良いです。また育毛を促す成長ホルモンは夜10時~深夜2時に働きが活性化します。この時間帯に深い眠りに入るのが重要です。ストレスによってホルモンバランスが乱れることも多いため、ストレスを感じたら発散できるように、好きな趣味などを見つけます。さらにかゆみなどの頭皮トラブルを起こしている場合は、シャンプーから見直します。汚れや皮脂が溜まった頭皮だけでなく、洗いすぎた頭皮も炎症を起こしやすいです。自分の頭皮に合うシャンプーで、指の腹を使って優しく洗います。シャンプーの後は、育毛剤を使います。女性用の育毛剤には、いくつか共通する成分が配合されています。センブリエキスは血行を促進して毛母細胞の働きを活性化させ、グリチルリチン酸2Kはフケやかゆみを抑える効果があります。

女性の薄毛の中には、女性の男性型脱毛症(FAGA)というものも存在します。FAGAは男性のAGAと同じように、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、ジヒドロテストステロンに変換され、それが毛母細胞の働きを阻害することで薄毛が進行すると言われています。女性でも男性ホルモンは分泌されているため、ホルモンのバランスが崩れるとFAGAが起こりやすくなってしまいます。
男性型脱毛症への対処方法ですが、AGAの場合は原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑えるためにフィナステリドという成分が配合されたフィンペシアというAGA治療薬が使われたりします。しかし、FAGAの場合はフィンペシアなどを使うことはできません。なぜならば、AGAに有効だとされるフィナステリドは、女性の身体に悪影響を及ぼすからです。フィナステリドが含まれる薬剤に触れることでも悪影響が出ると言われているので、FAGAに対しては絶対に使用することができないと言っても過言ではないでしょう。FAGAの場合は専用の治療薬で治療するように気を付けましょう。

■おすすめの薄毛治療薬はこちら
抜け毛予防にフィンペシア
■ピルカッターを用いて4〜5分割にし1片を服用!経済的な医薬品
プロスカー